癌治療による様々な副作用について

がん治療の副作用として代表的なものに、抗がん剤の副作用として脱毛することがあります。
ドラマなどで表現されたりもして、ご存知の方も多いでしょう。
しかし、抗がん剤治療の際、あらかじめ脱毛に備えておくことで心身ともに療養に専念できると思います。

もともと人毛というのは毎日何本かは抜けていて、生え変わるものなので、
抜け毛自体はそう深刻なものではありません。
でも毛の量が増えてしまうと、精神的にも大ダメージですよね。
抗がん剤治療の際脱毛が起きるのは抗がん剤を投与することで
毛髪が作られる器官が損傷してしまうからなのです。

よくドラマなどで出てくる脱毛としては全部が抜けてしまう場合ですが、
実際に程度はひとによってまちまちなので、あくまでご自分の場合を想定しましょう。
それにはまず、抗がん剤治療によって脱毛が起こることをちゃんと知っておくことが大事です。
知ると知らないとでは、心構えが違いますからね。

それといざ脱毛の症状がみられたときは、帽子やウィッグが前もってあると便利です。
毛髪は治療が終われば再生し、生えてくるものなので、加減できるものが好ましいですね。
またウィッグは出来上がるのに時間を要しますので、どのくらいの期間待てばいいのか
是非確認しておきましょう。

そして普段の髪型にも注意です。
というか、ある程度短く切り揃えていたほうが抜け毛の量も少なくて済みますし、
実際に脱毛が始まった時のショックも小さくて済みます。

抗がん剤治療の際の脱毛は全身の毛が薄くなっていきますので、
毛髪に限らず治療を受ける場所によって脱毛が起きてしまいます。
放射線治療の際も脱毛が起きる場合がありますので心づもりしておきましょう。

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>