女性にも男性型脱毛症というものがあるらしい。

主に男性の悩みとして知られるAGA(男性型脱毛症)が、実は女性にも起こりうるって知ってました?
最近では女性でも薄毛に悩む人が多くなってきた印象ですが、
AGAに至っては遺伝的要素が多く含まれているらしいです。
たとえば女性でも、男性ホルモンが強くて毛深くなってしまったり、
またその逆でストレスも相まって薄毛になってしまう事があるんです。

男性ホルモンと言うのは男女ともに毛髪の発達に関係しているので、
このような反応があるというわけですね。

男性が薄毛になる時、M字を描くように薄くなっていくのが特徴的ですが、
女性の場合は頭頂部から広がっていく感じですね。
なので、知らないうちに10円ハゲが出来ていた!?なんてこともあります。

私も一時期薄毛に悩んでいたことがあります。
たまたま美容院に行ったとき、スタイリストさんに指摘されたのです。
思えば、仕事のストレスが半端ない時でもありましたし、
夏の紫外線ダメージが秋になって薄毛として現れたっていうのもあります。

私の場合はもともと髪がしっかりしているほうだったので、
薄毛部分を隠す感じでカットをお願いしたのですが、
ひどい場合だとウィッグを使うことになるでしょう。

女性専用の発毛剤は1つしかない!?

そうなった時でもホルモンに作用する薬を飲み、治療するようで
結局は男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れているときに
薄毛になってしまうとも言えますね。

そういえば美容整形でもAGA治療に特化した方法があり、女性でも施術してもらえます。
ただそうなると金銭的な問題が発生するので踏み切るまでに勇気が必要なのでしょうけどね。

そんなわけで、もはや男性だけの問題ではなくなってきているのが昨今のAGA治療。
また効果は個人差がありますから、結果を求めるにしても焦らないことが肝心です。

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>